読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だったら壁にでも話してろよ。

技術ネタはQiitaに移行したので、出口のない悩みや考えを垂れ流すことにします。

CentOS7 セットアップ Jenkins

つづいて Jenkins。
公式サイト見る限り、最近だと yum 経由でのインストールも出来るよう。
今回はこれ試してみることにする。

サイトの説明に従って。
http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

yum list でリポジトリ追加されていることを確認。 念のため update もしておく。

$ yum list | grep jenkins
hudson.noarch                           1.395-1.1                      jenkins
jenkins.noarch                          1.595-1.1                      jenkins

$ sudo yum update

リポジトリを確認したのでインストールする。
けっこうサイズが大きいので多少時間がかかる。

$ sudo yum install jenkins

$ systemctl status jenkins
jenkins.service - LSB: Jenkins continuous build server
   Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/jenkins)
   Active: inactive (dead)

入った。
すぐ起ち上げたいとこだけど、Tomcat あたりが
デフォルトポートで上がってるとポートがぶつかるので
上がっているようであれば先に止めておいてから起動する。

$ sudo systemctl stop tomcat

$ sudo systemctl start jenkins
jenkins.service - LSB: Jenkins continuous build server
   Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/jenkins)
   Active: active (running) since 月 2014-12-29 11:18:43 JST; 3min 28s ago
  Process: 18745 ExecStart=/etc/rc.d/init.d/jenkins start (code=exited, status=0/SUCCESS)
   CGroup: /system.slice/jenkins.service
           └─18758 java -Dcom.sun.akuma.Daemon=daemonized -Djava.awt.headless=true -DJENKINS_HOME=/var/lib/jenkins -ja...

起動できた。
アクセスするときはブラウザから、{hostname or ip-address}:8080 で。
ひさびさの Jenkins はずいぶんデザインもスッキリして良くなってた。
古い Jenkins はあのスタイルがダサくて、画面見るたびに
ずっとやる気なくしてたので、この Jenkins は好きになれそうでよい。

f:id:Yoichi-KIKUCHI:20141229112904p:plain