読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術ネタはQiitaに移りました。壁もどこぞに。

AWS EC2 セットアップメモ ディスクマウント

社内向けの m3.xlarge のセットアップをすることがあったのでメモ。

まずはマウントディスクの状態から確認。

$ df
ファイルシス   1K-ブロック   使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1         8377344 876560  7500784   11% /
devtmpfs           7602628      0  7602628    0% /dev
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /dev/shm
tmpfs              7487128  16668  7470460    1% /run
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvdb         38565344  49164 36534128    1% /mnt

デフォルトこんな感じだったので、まずはアンマウントから。

$ sudo umount /dev/xvdb
$ df
ファイルシス   1K-ブロック   使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1         8377344 876560  7500784   11% /
devtmpfs           7602628      0  7602628    0% /dev
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /dev/shm
tmpfs              7487128  16668  7470460    1% /run
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /sys/fs/cgroup

マウントはずれたので、マウント先のディレクトリ作成。
次いで、ディスクマウント。

$ sudo mkdir /mnt/flush1
$ sudo mkdir /mnt/flush2
$ sudo mount /dev/xvdb /mnt/flush1 -t auto
$ sudo mount /dev/xvdb /mnt/flush2 -t auto
$ df
ファイルシス   1K-ブロック   使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1         8377344 876560  7500784   11% /
devtmpfs           7602628      0  7602628    0% /dev
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /dev/shm
tmpfs              7487128  16668  7470460    1% /run
tmpfs              7487128      0  7487128    0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvdb         38565344  49164 36534128    1% /mnt/flush1
/dev/xvdc         38565344  49164 36534128    1% /mnt/flush2

マシンの再起動後にもマウントが維持されるように fstab も編集。

$ sudo vi /etc/fstab

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Mon Sep 29 21:48:54 2014
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
UUID=0f790447-ebef-4ca0-b229-d0aa1985d57f /                       xfs     defaults        1 1
/dev/xvdb       /mnt/flush1       auto    defaults,nofail,comment=cloudconfig     0       2
/dev/xvdc       /mnt/flush2       auto    defaults,nofail,comment=cloudconfig     0       2

リブートして確認。

$ sudo reboot

$ df -B G
ファイルシス   1G-ブロック  使用 使用可 使用% マウント位置
/dev/xvda1              8G    1G     8G   11% /
devtmpfs                8G    0G     8G    0% /dev
tmpfs                   8G    0G     8G    0% /dev/shm
tmpfs                   8G    1G     8G    1% /run
tmpfs                   8G    0G     8G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/xvdb              37G    1G    35G    1% /mnt/flush1
/dev/xvdc              37G    1G    35G    1% /mnt/flush2

よさげ。